NFT

【簡単操作】MetaMask(メタマスク)とは?初期設定から使い方まで解説【ブラウザ版とスマホ版】

「NFT取引したいけどMetaMask(メタマスク)ってなに?」
「MetaMask(メタマスク)の初期設定を知りたい」
「どのように使えば良い?」

などの悩みにお答えします。

NFT取引をするには、ウォレットが必要です。Googleの拡張機能として使えるMetaMask(メタマスク)を使いたい方は多いはず。

しかし、どのように使えば良いかわからない方は、多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、MetaMask(メタマスク)の初期設定から使い方まで解説します。ぜひ最後までご覧ください。

MetaMask(メタマスク)とは?概要を解説

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム系のトークンを保管するウォレットです。ウォレットとは、ネット上の財布の役割があり、仮想通貨やNFTを保管するために使います。

MetaMask(メタマスク)では、主にイーサリアムをベースにしたERC-20トークンを保管可能。

ブロックチェーン技術を採用した決済やゲームなどを連携できます。

MetaMaskは、Google Chromeの拡張機能として使える「ブラウザ版」とアプリをインストールして使う「スマホ版」の2種類があります。 自分に使いやすいほうを選んで使用してみましょう。

【ブラウザ版】MetaMask(メタマスク)の初期設定

MetaMaskの初期設定をするには、公式サイトにアクセスして「Chromeに追加」をクリックしましょう。 「開始」をクリック。

初めての作成の場合は「ウォレットを作成」をクリック。

その後「同意する」をクリックして、MetaMaskの作成画面に移ります。 パスワードを設定しましょう。 次へをクリックします。 シークレットバックアップフレーズの確認画面になるので、前ページで確認したフレーズ順になるように選択してください。

シークレットバックアップフレーズはログインする際に必要なので、忘れないように保管しましょう。

そうするとMetaMaskの作成が完了します。 最後に「すべて完了」をクリックして終了です。

【スマホ版】MetaMask(メタマスク)の初期設定

スマホアプリ版は、アプリストアからダウンロードして初期設定を進めます。

iPhoneを利用している方はApp Store、Androidを利用している方はGoogle Playにアクセスして「MetaMask」とキーワード検索すると出てきます。

アプリをダウンロードして使えるようにしましょう。

パスワードとシークレットバックアップフレーズは、必ず保管してください。

初期設定方法はブラウザ版と同じですので、前項を参考にしてみてください。

MetaMask(メタマスク)の使い方

MetaMaskの初期設定が完了したら、実際に使ってみましょう。

使い方は以下のとおりです。

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 取引所で仮想通貨を購入する
  3. MetaMaskに仮想通貨を送金する
  4. NFTマーケットプレイスと連携する
  5. 欲しいNFTを購入する

NFTの取引をするには、仮想通貨が必須です。仮想通貨取引所の口座を開設しましょう。

取引所を開設するなら「Coincheck」がおすすめ。

シンプルな画面で非常に操作しやすいです。さらに取り扱い通貨が多いのも特徴です。

Coincheckはこちら

MetaMask(メタマスク)を使うおすすめポイント

MetaMaskを使うおすすめポイントは、以下のとおりです。

  • イーサやイーサリアム系のトークンをまとめて保管できる
  • NFTゲームに利用できる
  • 手数料を変更できる
  • トークンをスワップできる
  • ブラウザ版とスマホ版を選べる

とくにイーサリアム系のトークンを利用することが多いなら、MetaMaskが最適です。トークンごとにウォレットを使い分ける必要がないので、管理しやすくなっています。

MetaMask(メタマスク)を使う際の注意点

MetaMaskを使う際は、注意しないといけないことがあります。把握していないと、トラブルになることも。

MetaMaskの注意点は、以下のとおりです。

  • 使用できるブロックチェーンが限られている
  • 対応ブラウザが少ない
  • ハッキングに利用される可能性がある

しっかり注意点を把握した上で使うようにしましょう。

-NFT
-, , ,

© 2022 バードブログ